介護の仕事

求む!新しい力

イメージ

あなたは日本の「介護」の現状を知っていますか?
介護職員の数は増加しているものの、高齢化の進展等に伴い介護を必要とされる方が増え、需要に供給が追い付いていません。
国が行った調査によると、いわゆる団塊の世代(昭和22~24年生まれ)が75歳以上になる2025年度には、全国で約37万人の介護職員が不足するとされており、全国より早く高齢化が進行する山口県では、約4千人の不足が見込まれています。
このような状況で、今後より一層、多様化・高度化する介護ニーズに対応することができる人材が求められています。

介護ってどんな仕事?

イメージ

まず、介護と聞くと「大変そうな仕事」というイメージを持つかもしれません。
確かに大変なところもあります。でもそれ以上にやりがいがあるのも本当です。
介護の根底は「優しさ」です。
どうしたら喜んでくれるかな? こうしたら良くなるかな?
そんな一つひとつの創造が介護であり、状況に応じた柔軟な対応と思考が求められるプロフェッショナルな仕事なのです。
単純な生活支援ではなく、その人の人生に寄り添い、共に生きるという重要な仕事、それが介護なのです。

仕事の種類

介護には、施設や病院で高齢者や身体の不自由な方のサービスを行う職員や、在宅の高齢者宅を訪問し入浴や食事などのサービスを行うヘルパー、「ケアプラン」と呼ばれる介護サービス計画書を作成し、関係各所と調整を行う介護支援専門員(ケアマネージャー)など様々な仕事があります。

専門資格とキャリアアップ

介護職員として働く場合、必ずしも資格を必要とされるわけではありませんが、介護のプロとして関係する資格取得も可能です。 介護分野の資格としては、「社会福祉士」「介護職員初任者研修」「介護福祉士」があります。
また、一定の現場経験を経て、介護支援専門員や、理想の介護施設づくりを目指す管理職・施設長など福祉の世界でキャリアアップを目指すことも可能です。

介護のニーズは拡大しており、介護職の活躍の場はますます拡がっていくと考えられます。
あなたの優しさ、創造力を介護の世界で発揮してみませんか.。

PAGE TOP